マンションの子供部屋 愛ちゃんの子供部屋
 
 

マンションの子供部屋

マンションの子供部屋をリフォームするにはどのような方法があるのでしょう?リフォームと聞くと完全なる改築のイメージ?この場合は賃貸ではなく購入したマンションになりますね!でも工事をしない方法なら賃貸マンションでもリフォームは可能!しかしマンションは決まった作りがあり、なかなか自分の思うような子供部屋のリフォームができるのか心配になります。

マンションの子供部屋は?

マンションは一戸建てとは違い鉄筋コンクリートで作られているので部屋の作りや部屋のサイズが違う場合もあります。最近のマンションはマンション特有の作りではないとは思いますが、古いタイプのマンションですと部屋のかどに柱の形が飛び出ていたりと部屋を作るのに邪魔になることがあります。また部屋の位置なども玄関の近くの部屋がどうしても子供部屋になってしまうこと多いのも現状です。


▲ページTOPへ

マンションのリフォーム

マンションのリフォームはどこまで出来るものなのでしょうか?やはり昔のマンションと違い現在のマンションは間取りも床面積もゆとりを持った設計で立てられているものが多くなっています。どうしても限界のあるマンションのリフォームですが、壁を取り払い、部屋を広くすることなどは簡単に出来るのです。床面も段差をなくすことも可能で柱さえ壊すことがなければ意外といろいろなリフォームが出来るのです。

▲ページTOPへ

子供部屋のリフォーム!

子供部屋のリフォームも完全な改築タイプと家具によるもの、間仕切りを使ったものなどがあります。皆さんはどのタイプを活用しますか?

改築タイプ

マンションの可能な限りの方法を使っての子供部屋のリフォームで子供部屋ではなかった空間を子供部屋としてリフォームする。生活スタイルの変化や家族構成の変化に合わせて今まで使っていた部屋をすべて変えてしまうこともできます。マンションの場合は窓などが少ないこともあり、部屋を作っていくうえで工夫をしながらのリフォームになります。予算的にも大きくなりますが、一番理想的な子供部屋へのリフォームになると思います。

家具タイプ

広い子供部屋の場合などは家具をうまく利用しての部屋を分けて上げる方法は改築タイプと違い子供部屋のリフォームの金額も抑えることができます。例えば子供部屋の中央に学習机や本棚を置き仕切る、ベッドで仕切るなどと、いろいろなことが考えられます。改築タイプのように完全なるリフォームにはなりませんが、この方法ですと賃貸型のマンションにも対応できます。

間仕切りタイプ

間仕切りを使った方法は家具を使ったものと似ていますが、簡単なものではカーテン、アコーディオンカーテン、ロールカーテンやパーテーションなどがあります。また工事が必要になりますが、可動式の間仕切りドアなどもあり昼間は広い空間を夜は間仕切りを使ってプラベートな空間をとさまざまな用途に合わせて活用できます。子供部屋にこの間仕切りを使うと小さい時は広々と開放的な子供部屋になり大きくなったときにはプライベートな個室にと変化できます。

▲ページTOPへ

マンションのリフォームについて

マンションは限られた空間を使っての生活になります。そのため子供部屋を作るにはいろいろな工夫を考えていかなければなりません。しかし子供はいつまでも子供のままではなく大人になって親の元から巣立っていくものです。子供部屋についても子供が巣立っていってからも使えるようなイメージでのリフォームが良いのではと思います。人それぞれの考え方と発想で子供たちの豊かな成長のためにより良い環境作りをしながら子供にとってベストな子供部屋を考えていきましょう。


▲ページTOPへ


子供部屋
子供部屋に必要な家具
子供部屋のインテリア
子供部屋のリフォーム
マンションの子供部屋
お役立ちリンク
このページをブックマークする