子供部屋の必要性 愛ちゃんの子供部屋

子供部屋の必要性とは

子供部屋は本当に必要なのか?現代はストレス社会!子供の世界も小さな時から受験をする子もいて、なにかとストレスの多い時代です。そんな時はふと自分ひとりで「ぼーっと」したい時もありますよね?子供達もきっとそんな時がありますよ!

子供部屋の必要性って?

子供部屋はそれぞれ考え方の違いから必要だと言う方と必要は無いと考える方と別れると思います。でも必要と思っていても、住宅事情などから考えてあげることができないと言う方もいるでしょう!まず子供部屋は必ずしも一人部屋と考える必要なないのです!一人部屋がいいことは確かですが、なかなかできないことが現状です。まずは子供のリラックスできる空間と考えてあげるのが先決です!それと自分の部屋、自分達の部屋をきれいにする管理するという自立心を育てるようにしてあげましょう!

▲ページTOPへ

年代別の子供部屋の必要性は?

子供部屋は年代別に必要なものも増えていき、子供も自分の部屋を自らほしがるようになっていきます!しかしここに書いていることがすべてではありません、子供の自立はそれぞれの子によって違ってきます。またその家庭の環境によっても変わってきます。

乳児期の子供部屋は?

子供部屋を与えるには、やはり適齢期があると思います。海外と違って日本は赤ちゃんの時は親と一緒に布団を敷いて「川の字で寝る!」が意外と定番になっていて風習のような感じです。子供は親にべったりとしているのは小さい時だけです!大きくなってしまうとイヤでも離れていってしまいますので小さい時はあまり子供部屋が必要ないこともしばし・・・これは田舎だけ?都会の現状はどうなのでしょうか?

幼児期の子供部屋は?

幼稚園に入ってそろそろおにいちゃん、おねえちゃんになってきて自分の部屋がほしくなってくる時期ですね。でもまだ自分ひとりでは眠るのは怖いので寝るのは別の部屋で、遊ぶのは自分の部屋でという感じでしょうか?そのときの部屋にはかわいらしいラグマットを敷き、お絵かきに使う小さなテーブルにおもちゃをお片づけするための収納が必要ですね!

学童期の子供部屋は?

小学校に入学したら自分ひとりの部屋をほしがる時期ですね!1年生などの低学年の時期はまだそんなに「絶対自分の部屋がほしい!」まではいかないと思いますが中学年くらいになるとお友達が家に遊びくることが増えてくるとほしがってきますね!親は自分がいたっていいじゃない?と思いますが、このころになってくると友達同士の会話を親に聞いてほしくないと思う時期でもあります!いわゆる反抗期ですか?この時期の子供部屋にはベッドを置いてあげて勉強机を用意しなくてはなりませんね!

思春期の子供部屋は?

小学校も卒業して中学に入るとはじめは同じ部屋にいた男の子と女の子の兄妹は別の部屋にしてあげる方が良いですね!思春期は体の成長もあり、いくら兄妹でも異性と同じ部屋はいや!と思い始めます。最近は早い女の子ですと初潮も小学生で迎える子もいると思いますがそのくらいの時期になったら子供自身も自分の部屋がほしいものです!この時期の子供部屋には男の子も女の子は洋服のサイズが大きくなり特に女の子は洋服のバリエーションが多くなるので収納を多く準備してあげると便利ですね!

▲ページTOPへ

個室の子供部屋は必要?

日本は住宅事情があまり良いとは言える方ではないので、家族に合った部屋数の家に住んでいる人ばかりではないと思います!そんなときはいろいろな工夫をして間仕切りを使ってみたり、家具の配置で仕切って見たりといろいろな方法があります!個室の子供部屋が悪いとはいいませんが、兄弟と同じ部屋に住んでいることができるのは子供の時期までと考えたら個室じゃなくてもいいのでは?大人になったら自立していくので無理に個室でなくても快適に暮らしていけるのであればいいじゃないですか♪


▲ページTOPへ


子供部屋
子供部屋の必要性
子供部屋に必要な家具
子供部屋のインテリア
子供部屋のリフォーム
お役立ちリンク
このページをブックマークする