子供部屋の収納 愛ちゃんの子供部屋
 

子供部屋に最適な収納!

子供部屋だけではなく収納は色々と選ぶのに迷ってしまいますね!一戸建ての場合は建てる時に考えて収納を作ってしまうということもできますが、賃貸のマンションなどはそんなわけには行かないことが多いです。そんなときは子供部屋の収納に無駄をなくすことが大切です。

子供部屋の収納は?

子供部屋の収納は小さな時は服のサイズが小さいので大きな物は必要ないのですが、成長していくにつれて、服のサイズが大きくなり女の子の場合は枚数が多くないがちです。そのためにやはり子供部屋には収納が必要になるのです。押入れのある部屋ですと押入れを活用しての収納などを考えることができます。子供部屋の収納について考えていきましょう!


▲ページTOPへ

子供部屋に必要な収納は?

子供部屋の収納は子供の成長によって必要な収納が変わっていきます。

幼児期の収納

幼児期の子供部屋の収納は着ている服のサイズも小さいのもありますので、あまり大きいものでなくても大丈夫です。しかし子供は成長していくのである程度の収納を用意してあげたほうが良いでしょう!あとはおもちゃの収納するものも用意してあげましょう。おもちゃの収納は色々なものがあり、かわいい跳び箱の形のものや家の形のものカントリー風雨のベンチボックスなどがあります。そんなかわいいものでなくてもいいという方はおもちゃ入れを卒業しても使える収納ボックスなんてお勧めです。

学童期の収納

学童期の収納は服を収納するのもの他に本などを収納するものが必要になってきます。本を収納する本棚を用意するのもいいですが、カラーボックスなんていう考えも良いかも?その後使わなくなったときにカラーボックス用の簡単に作れる引きだしも販売されていますので本棚から衣類の収納にはや変わりできます。

思春期の収納

思春期の収納は中学になると制服になりますのでコートなんかも増えるのでハンガーラックを用意すると便利になります。このころの収納は服だけではなくCDやMDなんかも増えてくるのでそちらの収納も用意すると子供部屋が乱雑にならなくて良いでしょう。100円ショップなどにも手ごろな収納が販売されているので活用するのも良いでしょう。

▲ページTOPへ

狭い子供部屋の収納術

基本的に子供部屋は狭い方が良いといわれることが多いですが、では収納はどのようにしていけば良いのでしょうか?子供部屋の収納には色々なアイデアがされていてベッドの下を活用した収納などがあります。また押入れなどがある部屋だと、その押入れを活用して衣装ケースを使ったり、収縮可能なハンガーラックなどを入れて洋服ダンスの代わりに使ったりと色々と考えられます。ベッドを使う場合はどうしてもベッドの下がデッドスペースになりますので、その部分を有効活用してきましょう!兄弟で子供部屋を使っている場合などは収納を使っての部屋の間仕切りなどをすると空間を無駄なく活用することができます。とにかく狭い子供部屋は無駄なものを置かないように心がけるのが大事です。

▲ページTOPへ

アイデア収納!

収納を活用して子供部屋を作るためには学習机を収納と組み合わせて手作りをしてします方法もあります。両サイドを収納にしてその上に机になる天板を乗せて手作りの学習は子供も喜んで勉強するのでは?またイスも活用して収納にしてしまうのはいかがですか?またテーブルも収納を組み合わせた上にテーブルの天板を乗せてこれも手作りしてみたはいかがですか?

カラーボックスの利用

カラーボックを利用することは大きなタンスなどを買うことなく収納を作るころができます。大きなタンスなどは使わなくなったと時のことを考えると経済的ではありません。カラーボックスなら足りなかったら増やすことも簡単で、使わなくなったときも違う形での利用法も考えられるのです。意外とカラーボックスは仕切りが足りなかったりするので自分で工夫して使うととても便利なものです。市販の引き出しもありますのでそちらを利用するのも良いでしょう。また100円ショップなどに売っているプラスチックのかごを上手に利用するのも良いでしょう。

メタルラックの利用

メタルラックの利用は衣類をホコリや日光から守るカバーが最近では市販されていて洋服ダンスのように使うことも可能ですし、オーディオラックとしても活用できます。メタルラックならキャスター付なので移動も簡単で引越しの多い家庭や部屋の模様変えの時などはとても便利です。

毎日使うものは!

毎日使う物は見せる収納にすると良いでしょう!毎日使うものはどうしても乱雑になりがとですが、ディスプレイとして飾ってしまうと意外と子供部屋も便利で快適な空間になります!子供たちも自分のお気に入りが飾られていると気持ちがいいのでは?

収納を上手にするには?

収納を上手にするには、物を増やさないのが鉄則ですが、2年間着ない・使わない物はもったいないとは思いますが捨ててしまいましょう!子供服はサイズが合わなくなってしまったものは下の兄弟がいなかった場合は思いきって捨てるかリサイクルショップなどに持っていきましょう!それが上手に収納することの第一歩でもあります。おもちゃなども壊れてしまったものや年齢にあわない物は思いきって捨ててくださいね!

▲ページTOPへ


子供部屋
子供部屋に必要な家具
子供部屋の収納
子供部屋のインテリア
子供部屋のリフォーム
お役立ちリンク
このページをブックマークする