一戸建ての子供部屋 愛ちゃんの子供部屋
 

一戸建て 子供部屋

一戸建ての子供部屋のリフォームについて考えて、建てる時と子供の人数が増えたまたは子供部屋の変更点が出たなどいろいろなことがあります。はたまた建売住宅を購入したために子供部屋のリフォームが必要と生活環境の変化によりリフォームを考えるものです。

一戸建ての子供部屋は?

一戸建ての子供部屋は建てる時にあらかじめ子供部屋を一緒に設計されているものですが、建売住宅や中古住宅を購入した時は、子供部屋になる部屋が自分たちで思い描いている理想の部屋ではない場合があります。自分たちの理想の子供部屋に作りかえるためにはリフォームを考えなくてはならなくなりますよね。また、家を建てた時よりも子供の人数が増える可能性もありますね!できるだけ子供部屋に最適といえる位置を考えながら増築などを考えることが大切になってくるでしょう。


▲ページTOPへ

一戸建てのリフォーム

一戸建てのリフォームは「建ぺい率」や「容積率」などをクリアしているなら、増築も可能で幅がとても広いものになります。一戸建ての子供部屋をリフォームと考えるとより使いやすい子供部屋を作るための収納を作るリフォームか子供部屋を増やすためのリフォームと考えられます。また子供は独立していった時など家族が減ってしまった時などにもリフォームを考える場合があります。

▲ページTOPへ

子供部屋のリフォーム!

一戸建ての子供部屋のリフォーム方法は予算が許すのであればいろいろな方法があり夢が広がっていくものです。理想の子供部屋にするのはどのタイプを選びますか?

増築タイプ

子供部屋をリフォームするのに、一戸建ての場合は増築という方法もあります。子供の人数が増えてしまいどうしても部屋の数が足りなくなってしまうことがあります。あらかじめ人数に合わせて建てた家は良いのですが、建売や中古住宅を購入した場合には考えられることです。増築の時はハウスメーカーのモデルハウスに見学に行ってみたりといろいろな子供部屋を参考にしてイメージを作り専門家に相談、見積もりを出してもらうのがいいでしょう。

分割タイプ

分割タイプは今までの部屋を壁などによって分割してしまうものです。この場合もモデルハウスなどを見学して、どんなイメージの部屋へしていくかまたどんな方法でリフォームしていくかを決めて専門家に相談、見積もりを出してもらうことをお勧めします。この方法は家を建てる前から大きな部屋をあらかじめ作っておき、子供の成長に合わせて壁で分割と考えている方が多いと思います。

間仕切りタイプ

子供部屋を間仕切りなど使った方法で分割するタイプで、間仕切りもパーティションやカーテン、収納家具や学習机やベッドを使った間仕切り法などもあります。またマンションのリフォームの際に説明した可動式の間仕切りも活用するもの良いでしょう。可動式の間仕切りは広い部屋をプライベートルームへと変身させ、子供たちが部屋を使用しなくなったときは開放して広々と使うことができます。可動式の間仕切りは工事の必要がありますので専門家に相談をしましょう。

▲ページTOPへ

一戸建てのリフォームについて

一戸建ての子供部屋のリフォームはマンションなどに比べて、リフォームの可能性が大きくなります。予算が許すならいくらでも理想の子供部屋にリフォームが可能になります。なにより子供たちが成長していき子供部屋が必要になったときにはリフォームという方法を考えなければならばくなります。より子供が快適で間違った道に行かないようにと願いをこめて子供部屋を作っていくことが大切だと思います。そのためには狭い部屋でもその子供にあった部屋作りを考えましょう。子供は狭い部屋ながらも快適に過ごし方法を自分で考えて工夫していきます。自立の一歩につながります。

▲ページTOPへ


子供部屋
子供部屋に必要な家具
子供部屋のインテリア
子供部屋のリフォーム
一戸建ての子供部屋
お役立ちリンク
このページをブックマークする