子供部屋の間取り 愛ちゃんの子供部屋
 
 

子供部屋の間取り

子供部屋の間取りと言われてもピンとこないのですが・・・。住んでいる家の間取りと言ったらいいのでしょうか?子供部屋を作るということで一戸建ての場合はあらかじめ子供部屋として間取りを考えて設計していると思いますが、マンションなどは出来上がった物件を購入または借りるということになりますので、いろいろと考えていかなくてならなくなります。

子供部屋の間取りは?

子供部屋の間取りについては家の間取りと考えていただけばいいと思いますが、実際に子供部屋にあった間取りとは?一戸建ての場合は子供に人数に合った部屋数を作ることを考えたり、広い部屋を作り大きくなったら仕切って使うなどを考えます。賃貸住宅の場合はどうでしょうか?改築することはできないので、間仕切りなどでいろいろと工夫していかなくてはなりません。最近では引きこもりなどの原因は間取りにあるとも言われています、この点を十分注意して考えていかなければなりません。

▲ページTOPへ

子供部屋に適した間取りとは?

子供部屋を作るのにまずは多く広い部屋をつくり将来的には仕切って使うと考える方が多いかと思いますが、実際には大きくなってから工事に入ってもらうなどを考えるとできるのかわからないことがあります。経済的面や生活環境から最初から別々にしておくことをお勧めします。経済的な大丈夫な方は後からの工事でいいと思いますが子供に成長に伴い経済的にかかってくるお金は大きいものです。また男の子同士、女の子同士であれば同じ部屋の二人部屋でいいと思います。無理に個室ではなくても子供部屋は良いものです。その場合は間仕切りや収納をうまく利用してあげることも大事ですね!子供部屋を作る間取りはいやでも親と顔を合わせることの多い場所になります。

▲ページTOPへ

子供部屋に適さない間取りとは?

子供部屋に適さない間取りってどのような間取りなのでしょうか?まずは階段や玄関が近いところにある子供部屋はあまり良くないでしょう。子供は成長していくとしだいに顔を合わせることが少なくなり子供が良くない方向に向かっていく場合があります。皆さんがすべて当てはまるわけではありませんが、このような点は気をつけていかなくてなりません。親が自分の子どもが子供部屋にいるのかいないのかわからないなんて心配ではありませんか?結構事件などのニュースを見ると子供が家にいないことを知らなかった親が多いような気がしませんか?

▲ページTOPへ

快適じゃないほうがいい!

子供部屋は快適でないほうがいいのです!家の中に快適な子供部屋があったら子供は部屋から出てこなくて親とのコミュニケーションが取れなくなります。それって問題ではないでしょうか?子供は狭くて快適ではない自分の空間を自分なりに工夫していくのがいいのです。この狭い部屋から自分の夢を持ち大きくなったら「自分の家を建てよう!」なんてことも考えるかも?子供部屋が快適すぎて自分の子供はニートや引きこもりになってしまったらと考えたら・・・。自立心を育てるには子供部屋は北向きの快適じゃない部屋の方がいいのですよ!

▲ページTOPへ

子供部屋のロフトってどう?

子供部屋にロフトを作ったら「かっこいい!」かもなんて思う人は多いと思いますが実際はどうなのでしょう?ロフトは掃除が大変では?使い勝手はいいのかと考えるより作った人や利用したことのある人に聞いて見るとロフトは意外とホコリがたまりやすく掃除機を持っていくのが大変、上り下りが大変などという意見があります。ロフトから落ちてケガをした人も・・・。収納としては便利だとは思いますが、子供部屋には最適?小さいときは落ちたら大変と心配してしまいます。ロフトを使わせるなら成長してからならいいと思いますね!

▲ページTOPへ


子供部屋
子供部屋に必要な家具
子供部屋のインテリア
子供部屋の間取り
子供部屋のリフォーム
お役立ちリンク
このページをブックマークする