子供部屋の特集!

昔は子供の人数も多かったのもありなかなか自分一人の部屋なんて大きくなってからじゃないともらえなく、小さいときには自分の子供部屋にいろいろなイメージがたくさんあって、「こんな部屋にしてみたい♪」なんて夢がたくさんありました。いざ自分の子供の時にはどんな子供部屋に?いろいろなことを観点に現代の子供にあった、そして皆さんの家庭環境にあった理想の子供部屋をレイアウトしてみませんか?

子供部屋のはじめに!

子供部屋はそのままずばり「子供のための部屋!」ですが子供の部屋は勉強をするためや睡眠をとるためなどのさまざまな用途として活用されています。子供の成長に合わせて勉強のために机を置いたり、リラックスをするため空間作りなどをしていく必要があります。また最近では少子化の影響もあり一人っ子が多いとは思いますが、子供が増えた時などにはリフォーム、間仕切りなどで子供部屋を増やしていく工夫が必要になります。

▲ページTOPへ

子供部屋の必要性って?

子供部屋のついてはいろいろな方の考え方もありますが、子供は成長していく過程で子供の自立を助けるための第一歩となることは間違いないでしょう! 現在の環境にあった子供部屋、子供のためにもプライベートな時間も作ってあげないと生活環境の変化で学校や友達との間でのストレスも多い時代です、そこのところを考えてあげることも大事です。しかし子供と親ともコミュニケーションが少なくなるのも問題になりますので、それは皆さんのさまざまな考え方を取り入れて子供部屋を考えていきましょう!

▲ページTOPへ

子供部屋のインテリア!

子供部屋にインテリアを考えていくにあたって、その部屋の間取りや家具の配置を考えていかなければなりません。子供部屋に必要なインテリアとしては机・ベッド・収納家具・照明と大きいものから部屋の全体をイメージする壁紙やカーテンなどもインテリアとしてみていきます。ベッドカバーもカーテンの色に合わせてみたりとなんだかワクワクしてきます。あとは子供の成長に合わせていろいろとインテリアは増えていきますね!見ためをよくすることによって気分もかわってくる大切なインテリアについて紹介します。

▲ページTOPへ

子供部屋のリフォームは?

子供部屋を作るにも皆さんのそれぞれの住宅事情があると思います。賃貸マンションや一戸建てなどがあり、その違いからも子供部屋に対するリフォームの仕方が変わってきます。賃貸の住宅ですとリフォームには限りが出てきますのでその点を考慮してのリフォームを考え、マイフォームの場合は予算に合わせてのさまざまなリフォームや家を建てる時から未来に生まれてくる子供のために考えられたリフォームしやすい子供部屋が作られていたりします。

▲ページTOPへ

世界の子供部屋は?

昔は日本の家は「うさぎ小屋」なんて言われていました。そんな狭い家ながらも私たちはいろいろな工夫などで子供部屋を作ってきました。現在はそんなことはないですよね?私の家は賃貸で部屋数もすくないのですが・・・。では世界の子供部屋ってどんな感じなのでしょう?よく映画などを見ていると小さなベビーの時から子供部屋があり、かわいい壁紙にかわいいベッド!いったい世界では日本とは違い、どのような子供部屋があるのでしょうね!

▲ページTOPへ

子供部屋と位置?

子供部屋をどこにするかで風水的に勉強ができる子に育てる部屋の方角や男の子と女の子とそれぞれ良い部屋の方角などがあります。風水的に部屋の色やカーテンの色もいろいろと言われています。また子供部屋の間取りから部屋の入り口や窓の位置から勉強机の置く位置などもいろいろと変わってきます。その置かれた机の位置のよって風水的に勉強への集中力に影響していきます。部屋の間取りなどを考慮していき子供部屋に風水を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか?

▲ページTOPへ


子供部屋
子供部屋に必要な家具
子供部屋のインテリア
子供部屋のリフォーム
お役立ちリンク
このページをブックマークする